低価格の秘密

全国市民葬祭協会のお葬式は、何故低価格なのか。

 

それには秘密があります。

 

何故なら、全国市民葬祭協会は徹底的にランニングコストを下げているからです。

 

秘密というほどのことでもありませんね。当然の企業努力です。

 

ランニングコストを下げる工夫のひとつに、自社の斎場を持たない、というものがあります。

 

葬儀屋さんなのに、斎場を持たなくてもいいの? という疑問の声が上がるのは、当然のことと思われます。

葬儀屋さんというと、自社の斎場で式を行い、それから火葬場にマイクロバスで移動して火葬を執り行うというイメージがあると思います。

 

しかし、全国市民葬祭協会は、斎場を持ちません。

 

それなら、どこでお葬式をするの?

 

その答えは簡単。公営の斎場を利用するのです。

 

公営の斎場は、その地域の住民の方が利用する際には、格安で利用することができます。

例えば臨海斎場の場合、組織区(港、品川、目黒、大田、世田谷)以外の方が葬儀式場を利用する場合には17万円の利用料が必要になりますが、組織区内の方が利用する場合には5万6千円で済みます。

 

その上、式場と同じ建物の中に火葬場がありますから、移動のためにマイクロバスをチャーターする必要もありません。これもまた、お葬式の費用の削減になり、ご遺族の負担の軽減になります。

 

全国市民葬祭協会のお葬式が安くても高品質なのは、ただ単純に無駄をなくしているからなんですね。

 

ですから、安かろう悪かろうなんていう心配をする必要はございません。

 

全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に東京・神奈川で低価格高品質のお葬式を提供しています。

お問い合わせはコールセンターか、もしくは

info@o-sousai.com

までメールをいただけると幸いです。