焼香について

お通夜やお葬式に参列なさった時、焼香の仕方が気になる、という方は多いと思います。

 

焼香って、何回やればいいの?

 

気になるところですよね。

 

その疑問にお応えいたします。

 

焼香は、どの宗派でお葬式をやるかによって、それぞれ違います。

 

例えば天台宗では、回数について特に定めはありません。1~3回です。

 

真言宗では通常3回。

 

浄土宗でも特に定めはありません。1~3回です。

 

臨済宗では、回数にこだわりませんが通常1回。

 

曹洞宗では回数にこだわりませんが、通常2回。ちなみに2回目は香を額に戴かないことが多いです。

 

日蓮宗では通常3回です。

 

浄土真宗の本願寺派では1回、大谷派では2回とされています。

 

このように、宗派によって回数は違いますが、弔問者が大勢の時は、宗派で回数が定められている場合でも、丁重に1回焼香する、ということもあります。

 

大事なのは、回数よりも、どれだけ気持ちを込めるのか、ということだと私は思います。

 

 

全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。