香典について 続き

香典の上書きについて、追加させていただきます。

 

仏教の葬儀の場合、四十九日までは「御霊前」、四十九日後は「御仏前」と書くのが正しいとされ、極端な話、どの宗教でも葬儀の香典は「御霊前」と書くのがよいと説明されることが多いようですが、これは俗説です。

 

浄土真宗では「御霊前」は用いず、「御仏前」を用います。

 

特にこだわらないとしていますが、曹洞宗などの禅宗でも「御霊前」は用いず、「御仏前」とするのが一般的です。

 

キリスト教では、カトリックの際には「御霊前」を慣習として許容していますが、プロテスタントでは否定しています。

 

困った時には「御香奠」や「御香資」「御香料」などの中立的な表現もあります。

 

キリスト教では「お花料」という表現もありますし、神道では「御玉串料」「御榊料」という表現もあります。

 

ただ、ご自身が会葬者の立場になりますと、ご葬家の宗教や宗派を必ずしも理解されたうえで会葬されるとは限りませんので、自らの宗旨で上書きするという選択をしてもよいでしょう。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。