送り火

我が家でも、今年も送り火をしました。

 

最近では火を焚くと煙が出て迷惑になってしまったり、マンションに住んでいらっしゃる方も多いので、見かけることが少なくなりましたね。

 

私自身は、送り火という行為よりも、故人を偲び、懐かしむ気持ちの方がずっと大事に思われます。

 

形式よりも、気持ちが大事ということです。あくまで個人的な意見ですが。

 

ただ、日本の伝統的な風習のやり方を知っている人が減ってしまうというのは、寂しい気もしますね。

 

 

  全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。