葬儀の起源

葬儀とは一体いつ行われるようになったのでしょうか。

 

フランスの歴史学者、フィリップ・アリエスは、四万年以上前にネアンデルタール人が死者たちを葬った共同墓地を紹介しています。

 

また、北イラクのシャニダール遺跡で発見されたネアンデルタール人の墓地の周辺からは、花粉が発見されたそうです。

 

これは死者を埋葬する際に花を供えていたことを示していると推定されているようです。

 

このことから、古代のネアンデルタール人は死者に対して何らかの弔いの行為を伴って埋葬していたと思われます。

 

葬儀の歴史は、数万年にも及ぶということですね。

 

人と死は切り離すことができません。我々もこれから、どのような形かはその人それぞれによって異なりますが、葬儀の歴史を紡いでいくということですね。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。