遺書と遺言

遺書と遺言。

 

どちらも同じもののように思われますが、この二つは法律的には別物になります。

 

遺書とはどういうものなのか。

 

それはつまり、生前の意志、気持ちを伝えるためのものです。

 

例えば生前のお礼だとか、お墓やお葬式の希望、子どもたちへの思いなど、書かれる内容は各人の自由で、書かれる方の思いの丈を述べるための「手紙」です。

 

言い方は冷たくなってしまいますが、これらはあくまで希望や気持ちであるため、法律的な拘束力はありません。

 

一方、遺言は、法律的な拘束力を持ちます。

 

ちなみに、法律的な読み方は「いごん」です。

 

遺言は有効となる内容と形式が法律で定められています。

 

法的に有効なのは主として財産に関する事項です。

 

その他にも相続人の排除や子の認知などがあります。

 

遺言にお葬式の希望などを書くことはできますが、その部分に関しては法律的な拘束力があるものではありません。

 

いずれにしても、遺言を残す場合には、専門家に相談されることが一番です。

 

 

       全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。