遺言の種類

遺言には種類があります。

 

ひとつは自筆証書遺言です。

 

こちらは遺言者が全文、日付、氏名を全て自書し、印鑑を押したものです。

 

特別な費用はかかりません。

 

しかし、法律の知識がないと、不備などがある場合があります。

 

その上、それが本当に本人が書いたものなのかどうか、裁判で争われることもあります。

 

こちらは家庭裁判所で検認を受ける必要があります。

 

もうひとつ、公正証書遺言があります。

 

こちらは最も安全で確実な方式の遺言です。

 

公証人が遺言者の口述に基づいて、証人2名以上の立ち会いのもとに作成される公正証書です。

 

手数料が必要になりますが、無効のおそれがないので、安心です。

 

また、秘密証書遺言もあります。

 

こちらは内容を秘密にしたまま封印したものを公証人、2名以上の証人の前に提出するものです。

 

こちらも確実なものではありますが、死後、家庭裁判所で開封、検認を受ける必要があるという手間はあります。

 

遺言を残される場合には、それぞれのメリット・デメリットを考えながら作成するのがよろしいかと思います。

 

 

       全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。