遺留分

しばしば話題にあがります、遺留分という言葉についてご説明いたします。

 

例えば遺言者に配偶者がいるにも関わらず、愛人に財産のすべてを譲るという遺言書に書かれてしまったとします。

 

この場合、配偶者には一切財産が残らなくなってしまうのでしょうか。

 

いえ、そうではありません。

 

この遺言の内容に配偶者が異議を唱えれば、財産の半分を相続できます。しかし、異議を唱えなければ、遺産はすべて愛人にいってしまいます。

 

このように、一定の相続人が一定の割合で必ず相続できるように定められたものを「遺留分」と言います。

 

遺留分の割合ですが、相続人が親だけの場合は3分の1、配偶者や子供の場合は2分の1です。

 

ちなみに兄弟姉妹には遺留分はありません。

 

 

        全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。