湯灌

湯灌とは、納棺の前に遺体を洗い清めることです。

 

この習俗は、世界各地で見られます。

 

現在では古い湯灌の形はほとんど姿を消しています。

 

それは病院での看護師による死後処置の登場がきっかけであり、現在都市部で行われている湯灌のほとんどは巡回老人入浴サービスから転じた業者の新しいサービスです。

 

古い湯灌は、タライに張った温水で遺体を洗いました。

 

新しい柄杓で遺体の頭から温水をかけるのが作法です。

 

男性の血縁者が茶碗酒をひっかけながら行うだとか、近親の女性が行うだとか、近親者の役割とされてきました。

 

その昔では聖と呼ばれた宗教者が行ったとされています。

 

座棺(座った姿勢で収める棺)に納棺しやすいようにするために、死後硬直を解くという実用的効果もあったと思われます。

 

 

         全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。