魂呼び

習俗シリーズです。

 

「魂呼び」と呼ばれる風習があります。

 

人が亡くなったと思われたとき、死者の枕元や、あるいは屋根の上、または井戸や海に向かって、死者の名前を呼ぶ風習です。

 

どうしてこのような風習があるかと言いますと、死とは人の身体から霊魂が離れることと理解されていたので、身体から離れていった霊魂を呼び戻すことで、死者の蘇生を願っているのだと考えられます。

 

また、その人の死を確認して、死者を愛惜する儀式なのだとも考えられます。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。