食い別れ

葬儀において、飲食は重要な意味を持っています。

 

お通夜での飲食である「通夜振る舞い」や、出棺に際しての「出立ちの膳」、火葬後の会食である「精進落とし」などがあります。

 

飲食は人と人との交わりを象徴するものです。ですから、死者と食事を共にすることで、死者と最後の交わりをし、別れを行ったものと考えられています。

 

ですが、現在では供養のための振る舞いであったり、手伝いや参列に対するお礼の意味が強調されています。それは悪いことでは決してありません。

 

また、飲食には穢れを祓う力があるとも信じられていたことも関係しているようです。

 

四十九日の忌明けに作る「四十九(日)餅」は、死者の霊との最後の食い別れとか、忌明けの清めの意味もあるようです。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。