耳塞ぎ、年違え

近隣の方が亡くなったとき、死者と同い年の者は死の穢れに染まりやすいということで、それを回避するための風習です。

 

「耳塞ぎ」とは、餅などで耳を塞いで、死の知らせを聞かせないようにすることです。

 

現在ではあまり馴染みのない風習かもしれません。

 

「年違え」は豆を食べて年を取り越して、死者と同年齢ではなくしてしまう風習です。

 

こちらも現在ではあまり馴染みがなくなってきています。

 

こうした風習は科学的根拠がないとして廃れてしまいがちですが、もしかしたらこの先、さらに科学が発展したら、その科学的根拠が証明されるかもしれません。

 

そんな想像をするのも、面白いですね。

 

 

全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。