仏壇

仏壇とは、そもそもどういうものなのでしょう。

 

本来は仏像を安置して、礼拝や供物を捧げる、周囲より一段高くなった場所のことです。

 

中世まで仏壇と呼ばれていた場所は、近世になると須弥壇と呼ばれるようになりました。

 

すると、代わりに各々の家にある本尊や位牌を安置する厨子または宮殿型のものを仏壇と呼ぶようになりました。

 

この仏壇の起源は、平安時代の貴族の持仏堂や仏間の建立にあると言われていて、鎌倉時代以降、禅宗が広まると共に位牌も広まり、常設の位牌棚となり、位牌を安置する場所として仏壇が発生したと思われます。

 

各家庭に仏壇が設けられるようになったのは、江戸時代中期の寺檀制度確立以降のことのようです。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。