仏壇の機能

仏壇は先祖を祀る場ではありますが、単に先祖の供養をするためだけのものではありません。

 

三十三回忌か、あるいは五十回忌で弔い上げし、個人の位牌を先祖代々の位牌に合祀するまでの間は、それぞれ個人個人の供養の場所です。

 

真宗教団では「お内仏」といって、勤行の場でもあります。

 

しかし、注目したいのはまた別の機能です。

 

それは、グリーフワークとしての場です。

 

グリーフワークとは、簡単に一言で言うのであれば、死別を悲しむことです。

 

個人との別れの悲しみの中にいる遺族が、仏壇を通して死者と対話することが、その悲しみを癒やすことに繋がる。そういった場として、仏壇を見直す動きもあります。

 

キリスト教のカトリックにおいても、そういった仏壇の機能に着目して、家庭祭壇が作られています。

 

 

  全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。