月遅れのお盆

今日は月遅れのお盆ということで、先祖の墓参りに行ってきました。

 

さて、お盆といいますと、7月の13~15日にかけてのことを言います。以前書いたブログでも、送り火等のことについて書きました。

 

ではなぜ、8月15日前後がお盆休みになっているのでしょうか。

 

そもそもは、旧暦における7月13~15日がお盆だったわけですが、それが新暦になりまして、そのまま月日が残りました。

 

ですから新暦の7月15日に送り火をする人が多いわけです。

 

それならばお盆休みもそのまま移行して、7月15日前後が休みになるのが道理です。

 

しかし、旧暦当時、日本は人口の八割が農業従事者でした。

 

この時期は農作業が忙しい時期で、とても休んでいることはできませんでした。

 

ですから一ヶ月お盆を遅らせて、「月遅れのお盆」として、お盆の行事をゆっくりと行えるようにしたのです。

 

その名残で、今の時期が会社等のお盆休みになったというわけです。

 

 

  全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。