仏教の歴史

仏教の始まりは前500年前後。インドでのことでした。

 

釈迦族の王子、ゴータマ・シッダールタが開いたものです。ゴータマ・シッダールタは釈迦、釈尊、仏陀とも呼ばれます。手塚治虫の漫画の影響か、ブッダという表記がしっくりくるかもしれませんね。

 

ブッダの死後100~200年経って、仏教教団は意見の対立で、さまざまな部派仏教の時代を迎えます。

 

そのいくつかがスリランカや東南アジアの仏教、上座部仏教、南伝仏教と言われるもので、それに対して部派仏教の大分裂で大衆部、北伝仏教と言われた部派がインドから中国、朝鮮半島、日本に伝わりました。

 

これを一般に大乗仏教と言います。

 

大乗仏教は個人の救済を目的とする従来の仏教とは異なり、菩薩信仰を中心に、万人の救済を目的としたものです。

 

中国に仏教が伝えられたのが1世紀で、それが宗教として広まったのは4世紀後半以降になります。その後、5~6世紀に大流行します。

 

仏教が日本に正式に伝えられたのは538年のことで、聖徳太子の活動により、仏教は日本で飛躍的に発展します。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。