浄土真宗系

浄土真宗の開祖は親鸞です。

 

親鸞は比叡山で学んだ後、法然の弟子になりました。

 

親鸞は法然の説く浄土門の念仏の教えこそが真実の教えとしました。

 

難しい言葉になってしまいますが、信心に徹し、信が定まったとき必ず、仏となる仲間である正定聚に入り、往生以前にこの世で救いが成就するという立場を取りました。

 

一言で説明するのは難しいのですが、信心も念仏の行も、如来より施与されたものとする絶対他力の教学を完成しました。

 

親鸞は、実は妻帯しています。奥さんがいたということです。

 

昔のお坊さんは結婚しない、というのがイメージとしてあると思いますが、浄土真宗は当時からそれにはあてはまりませんでした。

 

15世紀に8代目の蓮如が布教を展開し、本願寺を大教団とする基礎を築きました。元来の本願寺の系統が浄土真宗本願寺派です。

 

それに対して、家康に保護され、12代目の教如が復職し建てたのが現在の真宗大谷派です。

 

その他にも、高田派、興正派、仏光寺派などがあります。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。