曹洞宗

曹洞宗の開祖は道元です。

 

比叡山で学んだ道元は、栄西の下で参禅した後、宋に渡り中国禅宗五家のひとつである曹洞禅の法を継承し、帰国して興聖寺を建てました。

 

道元の下に集まった人々が原曹洞宗教団を形成したものの、旧仏教の圧力もあって道元は越前に永平寺を建て、教化活動を展開しました。

 

道元の有名な著書に、「正法眼蔵」があります。

 

また、室町時代の瑩山紹瑾は禅を大衆化して現在の大教団の基礎を築きました。

 

能登に総持寺を開いたのですが、明治時代に火事にあってしまい、現在は横浜の鶴見に移っています。

 

曹洞宗は座禅を通して真実の自己・仏性に目覚め、懺悔・菩薩心の働きによる菩薩行によって他者に働きかけ活かすことを教義とし、只管打坐(座禅による実証)を本旨としています。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。