神道

神道は日本人の古来の自然信仰を基礎にしています。

 

神秘的なものや、畏敬の念を抱かせるものを、広く神として信仰の対象にしてきたのです。

 

神社には様々な神が祀られています。「八百万の神」という言葉をご存知だと思います。それくらい、多彩な神がいるのです。

 

遅くとも弥生時代に原初的な形になり、古墳時代に民族宗教としての形態を整えたと思われます。

 

神道という言葉は「日本書紀」に初めて現れるのですが、これは外来の宗教である仏教(仏法)への対語で、神道が在来の民族宗教であるという自覚してできたものでした。

 

教理的な自覚は中世からで、学術的に神道という言葉の概念が確立したのは明治のことであると考えられています。

 

現在教団として活動しているものは、神社神道と教派神道に分けられます。その他、宗教団体を結成していない民族神道を加えたりします。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。