神社神道

神社のことを、しばしば氏神と言いますが、近世以降は地域を守護する鎮守の神、産土の神を意味します。

 

明治初期には、神社の数は村の数に近いくらいあったといいます。

 

神道の信者、つまり氏子の数の合計が日本の人口とほぼ同じなのは、各神社がそのエリアに住む人を、全て氏子とみなして計算しているからなのです。

 

神社神道の宗教教団で最も大きいのは神社本庁です。今ある神社は約8万なのですが、そのうち99%以上が神社本庁に加盟しています。

 

その他、近畿を中心とした神社本教、広島を中心とした神社産土教、北海道の北海道神社教会、御嶽神社中心の木曽御嶽本教、石鎚本教などの合計16の宗教団体があります。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。