教派神道3

教派神道には、教祖の宗教体験に基づく教えを中心にした、純教祖系があります。

 

黒住教は、黒住宗忠が1814年に「天名直授」と呼ばれる宗教的回心を経験し、布教活動を始めたのが最初です。

 

一人ひとりに宗教的覚醒を求めることに特徴があります。

 

金光教は、幕末に金光大神が作った民間宗教で、「とりつぎ共同体」である教会を中心に布教活動を行っています。

 

「とりつぎ」とは、神の人類救済の願いを人に伝え、人の難儀を神に祈る救済行為であり、過程であるとされます。

 

大本は、出口なおのお筆先と娘婿の出口王仁三郎による教義化、組織化という二大教祖を両軸として布教を本格化しました。

 

大正・昭和と二度の弾圧を受けました。

 

 

全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。