浄土宗の葬儀1

浄土宗では戒名を授かります。

 

それはなぜかというと、死者を仏の弟子、菩薩とするためにです。

 

菩薩となって、残された家族を救うために極楽に生まれ変わって、遺された人々のさまざまな回向や阿弥陀如来の教えに導かれて悟りを開き、人々を救うものになるという祈りです。

 

葬儀は、亡くなることによって故人が生まれ変わって、遺された人々や、それよりももっと多くの人を救うはたらきをしているをしていることと言われます。

 

葬儀をして送り出すことで、死後も祈ったときに、常に見えない姿でこちらの世界に戻ってきてくださり、見えない形で助けてくれていて、死んでお終いではないという考え方です。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。