浄土真宗の葬儀1

浄土真宗の葬儀は、日常勤行がほとんどそのまま移行する形でお葬式が形成されています。

 

ですから、浄土真宗の各派の葬儀の違いは、そのまま各派の勤行の違いになります。

 

本願寺派ではお葬儀の骨子が浄土三部経、正信偈、念仏、和讃であるのに対して、大谷派では正信偈、念仏、和讃になっています。

 

その他には、お飾りにも違いがあります。

 

例えば燭台は、本願寺派が菊型が多いのに対して、大谷派は鶴亀の形のものが多いようです。

 

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。