浄土真宗の葬儀4

浄土真宗では、葬儀を仏の教えを学ぶ聞法の場であると位置づけています。

 

亡くなった方が死を身をもって示して、私達に死を迎える準備ができているかということを教えてくれているのだから、

これを機縁として阿弥陀如来に対して報恩感謝し、仏の教えを学ぶ、ということです。

 

そのため、葬儀ではあくまで本尊を中心に営まれます。

 

中陰や、その他の法事も聞法の場ということになります。

 

また、基本的に位牌は用いませんし、焼香は自らの心身を清めるためのものであると理解されるので、額に戴くことはしません。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。