日蓮正宗の葬儀

日蓮正宗の葬儀は、今生を終わった故人の即身成仏を願う儀式とされています。

 

これは法華経の根元である大御本尊の日蓮聖人にしかできないとされています。

 

葬儀式の次第は日蓮正宗の日常勤行とほぼ等しいです。

 

題目三唱から読経し、焼香の後、弔事弔電を披露して、読経、観念文の流れになっています。

 

引導は特にありません。

 

日蓮宗では戒名とは言わず、法号というのですが、日蓮正宗では戒名が与えられます。

 

ちなみに、死装束に三角巾や六文銭は用いません。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。