葬儀の役割1

人は生まれます。

 

生まれるということは、生きているという状態になるということで、すなわちいつかは死ぬということです。

 

日本では、多くの人が葬儀をあげます。

 

では、その葬儀にはどういった役割があるのでしょうか。

 

それは大きく五つに分類されます。

 

社会的役割、物理的処理、文化・宗教的役割、心理的役割、社会心理的役割の五つです。

 

まずは、社会的役割についてご説明します。

 

日本では、ほぼすべてに近い人が戸籍に登録されていることと思います。

 

つまり、個人がどれだけ孤独だと感じていたとしても、社会的に生きているということになります。

 

となれば、人が死んだときには、その死を社会が処理する必要があります。

 

社会に死を通知したり、社会の人々が集まってその死を確認する必要があるということです。

 

それは現代で言えば、死亡届を提出することだとか、戸籍から抹消すること、相続の手続きをすることなどが当てはまります。

 

 

  全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。