葬儀の教育的役割

先日まで書いていました葬儀の役割の他に、葬儀には教育的役割もあります。

 

人の死を悼んで人が集まる葬儀は、人のいのちの大切さや、人は死ぬものなのだということを知らしめます。

 

そうして体験的に教えられることで、人は生の大切さを、身をもって知ることになるのです。

 

また、人の死を悼むことで、愛や祈りを知ることになります。そのことは、死が終わりや無をもたらすものではないということを学びとることにもなるのです。

 

自宅葬が減少した現代では、近所で葬儀を見かけることが少なくなりました。

 

子どもたちが親しい人の死や葬式を体験する場合には、目をそらさせるのではなく、そこで感じ、考える機会として大切にすることが大事かもしれませんね。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。