感染症法1

葬儀は遺体と接する関係上、どうしても感染症法がつきまといます。

 

「感染症の予防及び感染症患者に対する医療に関する法律」というのが正式名称です。

 

制定されたのは1999年で、それまでの伝染病予防法、性病予防法、後天性免疫不全症候群の予防に関する法律が廃止されました。

 

2007年に結核予防法が統合され、2008年には新型インフルエンザ対策として、大幅に改訂されています。

 

伝染病予防法は特にコレラなどを予防する目的をもっていました。

 

そのため、伝染病による死者の遺体の取扱についての規定がされたというわけです。

 

これによって、公衆衛生のための火葬が推進され、火葬が普及することになりました。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。