感染症法2

感染症法には、死体の移動制限等についても言及されています。

 

第30条には

 

一類感染症、二類感染症、三類感染症又は新型インフルエンザ等感染症の発症を予防し、又はまん延を防止する必要があると認めるときは、当該感染症の病原体に汚染され、又は汚染された疑いがある死体の移動を制限し、又は禁止することができる。

 

とあります。

 

一類感染症は、例えばペストや天然痘、二類感染症は結核やSARS、三類はコレラやチフスです。

 

また、これらに感染した、又は感染した疑いがある死体は火葬しなければなりません。しかし、十分な消毒を行い、都道府県知事の許可を受けたときは、埋葬することができます。

 

それから、墓埋法で亡くなってから24時間は火葬できないとされていますが、その例外として、一類感染症、二類感染症、三類感染症又は新型インフルエンザ等感染症に感染又はその疑いがあるときには、24時間以内に火葬することができます。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。