船員法

水葬というものがあります。海や川に遺体を沈めることを言いますが、現在これは違法にあたります。

 

しかし、それには例外があり、航行中に亡くなった人を、船長の権限で水葬することができます。

 

その根拠となるのが船員法です。

 

15条に

 

船長は、船舶の航行中船内にある者が死亡したときは、国土交通省令の定めるところにより、これを水葬に付することができる。

 

とあります。

 

その条件としては、

 

船舶が公海にあることや、死亡後24時間経過していることなどがあります。

 

また、水葬に付した場合に、死体が浮き上がらないようにすることや、遺族のために写真や遺留品を保管することなども、この船員法に記載されています。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。