臓器移植法2

臓器移植法における脳死の判定ですが、2010年の改正により、「脳幹を含む全脳の機能が不可逆的に停止するに至ったと判定された者の身体」とされました。

 

またこの改正で、元々臓器移植は本人の書面による意思表示し、遺族が拒否しない場合に限られていたのが、本人の意思が不明だった場合には遺族の意思で脳死判定、臓器移植が可能になりました。

 

その他、15歳未満の場合の臓器提供も可能になりました。

 

臓器売買は引き続き禁止され、臓器は許可されたあっせん機関が保存・移送され、指定された医療機関において臓器を必要としている患者に移植されることに限られています。

 

 

全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。