ろうそく1

ろうそくの歴史は古く、少なくとも紀元前3世紀にはすでにあったことが確認されています。

 

日本に伝来したのは奈良時代で、中国から仏教と共に伝わったとされています。

 

平安時代にはすでに日本でも作られていて、松脂で作られたものから、ハゼや漆の蝋で作られたものに変わり、江戸時代には琉球から伝わったハゼノキの蝋で作られたものに変わっていきました。

 

ろうそくは仏教には欠かせないものになっています。

 

昔の日本のろうそくは、禅などで使う提灯に入れられたりすることが多かったため、蝋が減っても火の高さが変わりづらいように、上の方が太く作られていました。

 

現在では、石油パラフィンで作られたものが一番流通しています。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。