守り刀

ご遺体やお棺の上に、袋に入れられた棒状のものをご覧になったことはありますか?

 

それは守り刀といわれるものです。

 

ご遺体の枕元や胸元に、守り刀、刃物を置く習慣があります。

 

その由来には諸説あります。

 

亡くなった方が武士だったときに枕元に刀を置いた名残だとか、魔除けだとか、死霊に対する鎮魂のためだとか、死者の魂が持ち去られることを防ぐためだとか、死霊を封じ込めるためだとか、様々です。

 

また、刃先を足の方向にするか、顔の方向にするか、ご遺体に対して横に置くかなど、地方によって異なります。

 

ちなみに、浄土真宗系では守り刀は用いません。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。