古代では

古代では、人々は死者を、生きている人と同じように扱っていました。

 

それは、食事を供することなどから伺えます。

 

現代と違って、古代では医師が死の判定をしてくれるわけではありません。

 

死がいつなのか、特定することができなかったのです。

 

人が死んだということを、ある一点ではなく、一定の期間を経ることで納得したのです。

 

ですから、亡くなってすぐに遺体を処理するのではなく、一定の期間、生きている人と同様に扱っていたということです。

 

以前ブログで書きました、もがりをする理由がここにあります。

 

現代の通夜は、このもがりの遺習であるとも言われています。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。