死に対する恐怖

今も昔も、死に対する恐怖は確実にあります。

 

しかし、現代のそれと古代のそれとでは、少し意味合いが変わってきます。

 

古代では、死に対する直接的な恐怖だけではなく、死霊や、死後の世界に対する恐怖があったのです。

 

例えば、死者の霊を慰めるための歌舞などは、荒ぶる死霊を鎮めるために行われていたと言われます。

 

また、古事記などに書かれている死後の世界、つまり黄泉の世界は、腐乱した死体に蛆がたかる汚い世界として描かれています。

 

また、死は穢れたものであり、死霊は生きている人を死の世界へと引きずり込んでしまうものだと考えられていたのです。

 

古代でも、死者は大切に扱われていましたが、それと同時に死を穢れたものとして、恐怖してもいたのです。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。