埋葬の姿勢

現在、埋葬される時は火葬後、ご遺骨になった状態で埋葬されます。

 

その前の段階として、棺に入っていただく時には体を伸ばした状態が、現在ではほとんどです。

 

それを伸展葬と言います。

 

しかし、古代、それも縄文時代の墳墓を発掘すると、腕と膝を曲げた状態で葬る、屈葬の方がはるかに多く見られます。

 

また、遺体の上に石を置いた形で埋葬される、抱石葬という埋葬の仕方も見られます。

 

それは何故でしょう。

 

それは、死霊への恐怖が原因だと考えられています。

 

死霊が生者に害をなすことを阻害するために、そのような格好で埋葬したと考えられています。

 

これは諸説あるうちのひとつですが、こういったところからも、古代の人の死への恐怖をうかがい知ることができますね。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。