薄葬令

薄葬令は、大化の改新で出された昔の法律です。

 

646年のことですので、こんな昔にも、葬儀に関する法律が制定されていたということになります。

 

この薄葬令は、古墳など、権力者を手厚く葬る厚葬は、民衆に過度な負担をかけるからやめよう、ということで作られた法律です。

 

また、身分別の葬制秩序の確立という側面もあったと言われています。

 

権力者の厚葬はこれで制限されました。

 

では、この時代の民衆の葬儀がどういうものだったかというと、薄葬令によって、色々な場所に埋めるのではなく、場所を決めて埋めるようにと決められました。

 

そんなことをわざわざ言わなければならなかったということは、あちこちに死体が埋められていたということがうかがえます。

 

ほとんど死体遺棄に近いような状態だったとも言われます。その様子は、『今昔物語』や『八幡愚童訓』にも描写されています。

 

 

  全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。