御霊信仰2

平安時代に入ると、陰陽師たちの活動もあり、御霊、怨霊の鎮魂が盛んになります。

 

映画などにもなりました、安倍晴明の時代というとわかりやすいかもしれません。

 

有名なのは、863年の崇道天皇、その他の御霊に対して行われた御霊会です。御霊会とは、鎮魂の儀礼のことです。

 

疫病が蔓延したのが、この人たちの怨霊が原因だと考えられたためです。

 

また、鎮魂のために神社が建てられることもありました。

 

天満宮の菅原道真などが特に有名です。

 

その他、特定の人の怨霊だけでなく、漠然とした怨霊を鎮めるためにも御霊会が行われたり、御霊神社が建てられるようにもなりました。

 

京都の祇園祭も、こうした御霊会が元で始まったものです。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。