仏教葬と火葬のはじまり

7世紀の聖徳太子の葬儀で、仏僧が葬儀に関わったという記録があります。

 

しかし、これは部分的なものでした。

 

そして火葬ですが、これは仏教の葬法と言われています。

 

記録によると、700年の僧道昭のときが最初とされています。

 

しかし、記録に残る以前の5世紀後半の遺跡から、焼けた骨が出土していることなどから、仏教伝来よりも前に火葬が行われていたと見られています。

 

ただ、遺体を焼く行為が日本人に受け入れられていくには、白骨化が成仏の徴とする仏教の火葬による意味付けが必要なようでした。

 

それ以後、仏教葬と火葬が深く結び付けられていきます。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。