清和天皇の葬儀

清和天皇は880年12月4日に亡くなりました。その時、すでに出家されていました。

 

念珠を手にかけられたまま納棺され、即日火葬されたそうです。

 

持統天皇が一年越しで火葬されたのとでは、かなり状況が違いますね。

 

素服も悲哀も禁止され、死後4日目の12月7日に遺骨が葬られ、それから初七日が行われ、四十九日まで誦経が続けられました。

 

ここまでくると、葬儀全体に仏教が関わってきます。

 

これ以後、天皇や貴族階級において、仏教葬と火葬が定着していくことになります。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。