霊屋

霊屋とかいて、”たまや”と読みます。

 

霊屋が何かと申しますと、天皇や貴族が亡くなった時に作られる、遺体を安置する小屋です。

 

これまで、天皇が火葬された例をブログに書いてきましたが、同時期でも火葬されずに土葬される場合もありました。

 

その際に作られたのが、この霊屋です。

 

ここに遺体を安置して、骨化するまで待ったのですが、土葬というよりも、ほとんど風葬に近い形になります。

 

ここで白骨化したのちに、正式に埋葬されたり納骨されたりしたという記録が残っています。

 

まだまだ、仏教式の火葬が完全に浸透していたというわけではなかったということですね。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。