近世の葬祭1

近世、南北朝から室町時代へと時代が移り変わると、日本の村も変化していきます。

 

農民の結合は、有力名主層が中心だったのが弱小農民層も組み込まれていき、惣村が形成されていきます。

 

惣村は検察や裁判の機能を有していて、領主の年貢の増税に対して闘争する組織でもあり、余った農産物を保管する組織でもありました。

 

こうなってくると、農民たちは財政的に寺院を支えることができるようになってきました。

 

すると、仏教各宗派は地方に進出していきます。それにより仏教がより民衆化していきます。

 

庶民の葬祭を広めたのは浄土宗でしたが、他の宗派も民間に入り込む場合にも、葬祭を中心とすることが多かったのです。

 

このことが、葬祭の仏教化を一段と進めることになりました。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。