江戸時代の庶民の墓

江戸時代より前の庶民は、葬地とされている場所に遺体を埋めたり、置いたりしており、石塔を備えた墓を持っていませんでした。

 

しかし、寺檀関係が確立すると、次第に自分たちの墓を建てるようになっていきました。

 

墓を建てることで、祖先崇拝が抽象的なものではなく、家の先祖という具体的な対象を得ることになります。

 

ご先祖様を大事にするというような思想は、こういった変化があって現在まで続いているのです。

 

ただ、この時代の墓は、現在イメージされるような「○○家の墓」と掘られたような墓ではなく、個人の墓が中心でした。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。