江戸時代にも葬儀を簡素化?

現在、多くのお客様がお葬式をコンパクトになさりたいという希望を持っていらっしゃいます。

 

大きなお葬式から、小さなお葬式へとシフトしているということですね。

 

古く、江戸時代にもそういった流れがありました。

 

しかし、現在と江戸時代で違うのは、現在はお客様ご本人のご希望だということと、江戸時代では幕府の移行だということです。

 

ご存知の通り、江戸時代は士農工商という身分制度で分かれていました。

 

幕府は身分ごとに葬儀基準を示して、葬儀の簡素化を奨励していました。

 

しかし、江戸時代の民衆の意向はこれとは反していたようです。

 

それが明治時代に入ると、士農工商の身分制度がなくなったことで、特に都市部において大きな変化を見せることになります。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。