明治における葬儀の変化

士農工商の身分がなくなった明治に入り、都市では葬儀が変化していきます。

 

その第一は、日中に葬儀が行われるようになったことです。

 

現在ですと、告別式は午前中に行われることが多いですね。

 

明治以前では夜になって、ひっそりと葬列が、しかも少人数で行われるのが主でしたが、明治では台頭した商人層は日中に見せびらかすような大掛かりな葬列が組まれるようになりました。

 

大名行列の奴を動員するような葬列すら出現しました。

 

第二に、寝棺と輿が登場したことです。

 

江戸時代には座棺が中心でしたが、明治になると寝棺が使われるようになりました。

 

それを白木であつらえた輿に入れ、大人数で運ぶのです。しかも、白木の輿が使われるのは一回限りです。

 

これが財力の象徴とされました。

 

ただ、庶民の間ではまだまだ座棺が主流で、それは第二次大戦直後まで続きました。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。