明治における葬儀の変化2

第三の変化は、様々な葬具が登場したことです。

 

かつて葬列で使われていた野道具といわれる葬具が立派になっていったのです。

 

花車といわれる、金蓮や銀蓮、生花や造花を挿して車仕立てにしたものや、当時は鳩を放つ放鳥というものまでありました。

 

様々な輿も登場します。鳩を運ぶ放鳥輿、位牌を運ぶための位牌輿、香炉を運ぶ香炉輿などです。

 

それ以外にも、棺用や遺骨用までありました。

 

これらが近代的な葬具の歴史の始まりと言われています。

 

葬具がこのように発達すると、地域の共同体の人々が作るというわけにもいかなかくなっていきました。

 

すると、専業化が進み、葬具屋というものが出現します。これらが今日の葬儀屋の前身となりました。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。