明治における葬儀の変化4

葬儀の変化は、それに動員される人員にも変化を及ぼしました。

 

人夫に出現です。

 

葬列が大きくなりますと、それに伴って演出のために多くの葬具運搬人や参列者が必要になります。

 

その規模ですが、20人くらいのときもあれば数百人という大所帯のときもあり、場合によっては千人を超える人夫が動員されたなんていう記録もあります。

 

当然、これだけの人数を個人が手配するのは難しいですから、それを手配することを生業とする人が出てきました。

 

都市部の葬儀社には、こういったところから出現した会社も多いようです。

 

こういった葬祭業者は葬祭用の衣装を揃えることもしていましたので、貸衣装も行っていたようです。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。