明治における葬儀の変化5

葬儀や葬具が豪華に、大きく立派になっていくと、次第に富裕層から一般庶民にも影響を及ぼしていくことになりました。

 

特に、1887年から1897年の十年間が葬儀が大きくなっていく過程のピークだと言われています。

 

逆に、それ以降になると葬儀の肥大化に対して非難が集まるようになりました。

 

この時代が、葬儀の規模の差や、地域共同体の民族型葬儀が行われている地方と都市型の葬儀の差が最も大きかったのがこの時代でした。

 

豪華な葬儀というと、最近では台湾の葬儀がニュースになっていました。

 

もしかすると今後、日本での流れと同じように、台湾でもお葬式が派手すぎるという批判を浴びるようになって、葬儀の規模が小さくなるような流れがくるかもしれませんね。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。