宮型霊柩車

霊柩車は元はアメリカから輸入したものでした。

 

ですので当初は、アメリカから輸入したままで使用していました。

 

しかしそこは日本人。それをそのまま使用し続けるわけもなく、日本風にアレンジされることになります。

 

車の後部を和風の唐草模様にして、宮型の霊柩車を作りました。

 

これは、1922年の大隈重信の国民葬で、トラックに輿を乗せて走ったことを参考にしたという話があります。

 

霊柩車の始まりは大坂、東京、横浜と諸説あります。

 

大正末か、1927年までには登場しています。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。