大戦時の葬儀

大戦時、葬儀業界も大きな変化を強いられたそうです。

 

細々と残っていた葬列は消え、霊柩運送業者や、葬儀業者、葬具業者も統制組織化が行われました。

 

霊柩車の燃料は不足し、葬具の供給も難しくなったそうです。

 

戦死者の慰霊祭が行われるようになり、空襲下で遺体収拾作業に携わることになりました。

 

また、業務内容や組織の変化だけでなく、葬儀業者もまた召集の例外ではありませんでしたので男手が減り、営業停止になったところも少なくなかったということです。

 

戦争が激化するにしたがって、葬儀の飾り付けができなくなり、葬儀はもっとも簡素な火葬だけの方式も増えました。

 

葬儀はその時その時の時代の流れに影響されるところが大きいです。戦争の影響も甚大なものだったということですね。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。